这些马儿也是成精了啊


01王庭    おうば  佐久間 象山(1181-64)の愛馬。

白い馬で京都三条木屋町で暗殺された際に騎乗していた。

佐久間 象山:吉田松陰的老师

自らを「国家の財産」と自認しており、坂本龍馬に「僕の血を継いだ子供は必ず大成する。そのため、僕の子供をたくさん生めるような、大きな尻の女を紹介してほしい」と頼んだこともある。

相关刀:维新组,目前只有陆奥守吉行吧


02三国黒    みくにぐろ     本多忠勝(1548-1610)の愛馬。関ヶ原の戦いで被矢。

相关刀:蜻蜓切


03松風    まつかぜ      前田利益(1533-1605)の愛馬。前田利家を水風呂に騙して入浴させ、前田家を出奔した際に奪ったと言われている。別名谷風とも言われる。

就是前田慶次

相关刀:前田藤四郎,平野藤四郎

   


04小雲雀    こひばり     蒲生氏郷(1556-1595)の愛馬。織田信長から拝領。

相关刀:会津新藤五、鉋切長光、会津正宗、國俊(均无实装)

             織田信長刀

蒲生氏郷为利休七哲之一,和細川忠興(歌仙兼定主人)与前田利长关系很好。

和伊达政宗交恶(所以该马和伊达组相性应该不好

  • 伊達政宗が刺客として送り込んだ少年を氏郷が許したという話がある。それによると、政宗は清十郎という16歳の少年を、氏郷の家臣の元に小姓として奉公させる形でスパイ活動を行わせ、隙を伺い氏郷を暗殺させようとした。しかし、清十郎が父親に対して送った手紙が関所の検閲にかかったことで事態が露見することとなり、清十郎は投獄された。氏郷は命を捨てて主命を遂行しようとした清十郎の忠義に感服し、その忠勤を賞賛して罪を赦し伊達家の元へ返したと伝わる(『常山紀談』)。

  • 氏郷が会津に入ると、隣国の政宗と領地の境界をめぐって度々対立した。ある時、またもや政宗は氏郷領内の安達が原の川を挟んだ向かいにある黒塚は自分の領土だと難癖をつけてきた。しかし氏郷は「みちのくの安達が原の黒塚に鬼こもれりといふはまことか」と言い、拾遺和歌集に載っている平兼盛の歌を引用して氏郷の領地であることを主張し、政宗を黙らせた。

  • 葛西大崎一揆鎮圧に向かう途中、政宗から茶の湯の誘いを受けた。「一服差し上げたうえ、一揆鎮圧について打ち合わせをしたい。」という話だったが、自領であった会津を氏郷に奪われる形になっていた政宗の敵意は誰の目にも明らかで、周りの人々は謀殺を恐れて氏郷を制止するも、「逃げれば小心者のそしりを受ける。」と言って政宗の陣中に入り、政宗が点てた茶を飲んだ。一説によれば、その茶には実際に毒が入っていたのだが、それを見切っていた氏郷はあらかじめ持参していた解毒剤を飲んでおり、事なきを得たといわれている。


05高楯黒    たかだてぐろ      藤原国衡(?—1189)の愛馬。『吾妻鏡』文治5年(1189年)8月10日条に登場し、「奥州第一の駿馬」と評されており、丈九寸(四尺九寸、147センチ)。

相关刀:今剑、岩融

藤原国衡 奥州藤原氏3代当主・藤原秀衡の長男

其兄长泰衡对源義経的背叛追杀导致其自害

国衡本人作为庶出并无发言权,死于奥州合战


06花柑子    はなこうじ    清原家衡(??~1087)の愛馬。後三年合戦絵詞に「六郡第一の馬」として描かれる。

相关刀:

跟源义经一流的先祖源义家有点故事


07青海波    せいがいは      源義経(1159-89)の愛馬。

相关刀:今剑 岩融


08望月    もちづき       平清盛(1118-81)の愛馬。『平家物語』では望月の尾に鼠が一晩で巣を作ったことが語られる。そもそも鼠のような小動物が馬のような大きい動物に取り付いて巣を作ると言うのは世の中の傾勢が変わる異変として極めて不吉なものとされた。

相关刀:中国青龙刀、宋剑(………………)、小乌丸



评论
热度(60)
© 刀剑杂事 | Powered by LOFTER